霜降
二十四節気のひとつで10月23日頃。
露が霜になって降りる頃の意味。
北日本や、本州中部の山間部では、この頃から霜が降りるようになってくる。