処暑
二十四節気のひとつで8月23日頃。
暑さがおさまる頃の意味。「処」は落ち着くとか留まるのことを表す。
この頃から、実際に秋の気配が忍び寄ってきたことが感じられるようになる。