芒種
二十四節気のひとつで6月6日頃。
稲の穂先のような芒(のぎ とげのようなもの)がある穀物の種をまく頃の意味。
西日本では、梅雨に入る頃。