小満
二十四節気のひとつで5月21日頃。
陽気がよくなって、草木などの生物が成長して生い茂る頃の意味。
大気中の水蒸気量も次第に増え、沖縄や奄美地方では、梅雨の季節に入る。