穀雨
二十四節気のひとつで4月20日頃。
春の雨が降って、穀物を潤して芽を出させる頃の意味。
春の天気も安定して日差しも強まり、本州でも最高気温が25℃以上となる夏日が出現することもある。