春分
二十四節気のひとつで3月21日頃。
この日は、昼の長さと夜の長さが同じで、この日を境に昼の時間が長くなってくる。
この日をはさんだ前後7日間が彼岸。「暑さ寒さも彼岸まで」と言い、まだ寒の戻りが、あるものの、本格的な春が感じられるようになる。