啓蟄
二十四節気のひとつで3月6日頃。
冬ごもりをしていた虫が、穴から這い出してくる頃の意味。
啓蟄の啓は、開くという意味で、蟄は閉じこもること。
本格的に虫が這い出てくるのは、もう少し後になるが、3月になり暖かな日が増えてくると、虫だけでなく、人間も行楽へとでかけることが多くなる。