雨水
二十四節気のひとつで2月19日頃。
それまでは、雪が降っていたが、雨が降るようになってくるという意味。
この頃から土が潤い始め、草木の芽吹きが始めるという季節の目安にした。