台風の接近/上陸/通過
気象庁では、台風の接近、上陸、通過を次のように定めている。
接近とは、ある地点、または、ある地域の境界線(海岸線や県境など)から300km以内に台風の中心が近づくこと。
上陸とは、北海道、本州、四国、九州の陸上に、台風の中心が到達したこと。この4島以外の島(沖縄などの島々)は含まない。
通過とは、沖縄などの島や半島を、短い時間で台風の中心が横切ること。