台風のエネルギー
台風は、暖かくて湿った空気が持つエネルギーによって発達する。
空気中に含まれる水蒸気が水や氷に変わる際には、潜熱と呼ばれる熱が発生する。
台風が発生する南海上では、海面水温が高く、暖かくて湿った空気が多量に存在する。
この暖かくて湿った空気が台風に集まり、台風の内部で上昇気流となることによって温度が低下し、含まれた水蒸気が水や氷になる。この際に、潜熱が発生することにより、温度が低下しても、周りよりも気温が高くなり、ますます、上昇気流を強め、更に周りの暖かくて湿った空気を集めるということになり、台風が発達する。
統計的には海面水温が27℃以上の海上で、台風は発生、発達する。
台風は、海水温の低い海上では発生せず、また、熱帯地方でも、陸上では発生しない。