二百十日/二百二十日
立春から数えて210日目が二百十日。9月1日頃。
立春から数えて220日目が二百二十日。9月11日頃。
この日は、昔から台風のよく来る厄日とされている。
1年の内で、秋は台風が日本に接近することが多い季節ではあるが、統計的に見て、二百十日、二百二十日が他の日に比べて特に台風がよく来るわけではない。
この頃は稲の開花期にあたり、この頃に台風が来ると大きな被害が出るため、警戒を呼びかける意味があったものと思われる。