山背
梅雨から夏にかけて、北海道、東北、関東などに吹く、北東の冷たい湿った風。
この風の吹く日が多いと、冷害になることが多い。
オホーツク海の高気圧が優勢となると吹くことが多く、三陸沖に流れる寒流の親潮によって、冷えて湿った風となって吹き付ける。
低温と霧によって稲の成長を妨げるため、冷害をもたらし、冷害風や餓死風などとも呼ばれる。