二十四節気
1年を24に分けて、それぞれの日に季節にふさわしい名前を付けて季節の移り変わりの目安としたもの。古代中国で考え出された。
明治初期まで使用されていた旧暦は月の満ち欠けを基準としていたため、同じ季節でも、年によって1月違うことがあり、農作業の目安としては不便であった。この欠点を補うために考え出された暦で、春分を基点に1年を24等分している。
中国の黄河流域の季節が基準となっているため、日本とは多少異なる。
  春分( 3月21日頃)   清明( 4月 5日頃)
  穀雨( 4月20日頃)   立夏( 5月 6日頃)
  小満( 5月21日頃)   芒種( 6月 6日頃)
  夏至( 6月21日頃)   小暑( 7月 7日頃)
  大暑( 7月23日頃)   立秋( 8月 8日頃)
  処暑( 8月23日頃)   白露( 9月 8日頃)
  秋分( 9月23日頃)   寒露(10月 8日頃)
  霜降(10月23日頃)   立冬(11月 7日頃)
  小雪(11月22日頃)   大雪(12月 7日頃)
  冬至(12月22日頃)   小寒( 1月 5日頃)
  大寒( 1月20日頃)   立春( 2月 4日頃)
  雨水( 2月19日頃)   啓蟄( 3月 6日頃)