集中豪雨
狭い地域に、比較的短い時間で集中的に降る豪雨。
元々は気象用語ではなく、新聞が使い始めた言葉だが、実態をよく表しており、気象用語としても使われるようになった。
梅雨の末期や、秋雨の頃などに発生することが多く、過去に多数の被害を引き起こしている。
現在は、アメダスや気象レーダーによって集中豪雨の発生していることがわかるようにはなった。しかし、発生の仕組みなどは未解明のことが多く、発生や発生後の推移の細かな予測などは発展途上。