停滞前線
冷たい空気と暖かい空気の力が拮抗し、押したり引いたりする形の前線。
季節の変わり目に発生することが多く、長く同じ場所に留まることが多いため、悪天が長く続く。
梅雨前線や秋雨前線がこれにあたる。
前線が南北に少し移動しただけで、天気が大きく変わるため、気象予報士がよく泣かされる。