アメダス(地域気象観測システム)
気象庁が全国に設置した、自動気象観測所。1974年より運用している。
「アメダス」という言葉は、「Automated Meteorological Data Aquition System」を「AMeDAS」と短縮した言葉。
全国に約1300箇所あり、雨、風、気温、日照時間の4要素を観測している所と、雨だけを観測している所がある。また、約200箇所は、積雪深も観測している。
観測所は、概ね17km間隔を目安に設置してあるが、気象データを電話回線で収集しているため、高い山など、電気や電話が来ていない所は、空白域となっている。