春一番
その年の春に最初に吹く強い南風のこと。
気象庁では、立春から春分までの間で、日本海で低気圧が発達し、その年に初めて吹く南寄りの強い風としている。
元々は、西日本の漁師が春の初めに吹く強い風を春一番と呼んでいたところからきている。
春先は、日本海で低気圧が急発達することがあり、このような時に強い南風が吹き、海上は台風並に大荒れとなる。不意打ちとなることも多く、多くの海難を呼んでいる。また、山岳部でも、気温の急上昇で雪崩が発生したりもする。
明るい語感から歌にも取り上げられ、春の明るさを感じる言葉だが、実際は、とても怖い現象。