特異日
1年の内で、ある特定の天気が現れやすい日
11月3日の文化の日は、晴れることが多く、晴れの特異日として知られている。
また、1964年の東京オリンピックが、過去の天気の統計に基づいて10月10日と決められ、結果的に秋晴れの上天気となったのも有名な話。
元々、11月3日の頃は、1年でも晴天となる日が多く、この日の前後も良く晴れることが多い。また、10月10日は、秋の長雨が終わり、晴れる日が多くなる頃
祝日やオリンピックなど、人々の記憶に残りやすい日が特定に天気に偏ると、特異日として記憶されることになると思われる。