黄砂
中国の黄河上流の黄土地帯で吹き上げられた砂塵が空中を漂い、空一面を覆う現象。
ひどい場合は、空が黄褐色になり、砂塵が積もったりする。また、視界がさえぎられ、空港が閉鎖になる等の交通障害をもたらすこともある。
日本では、3月から5月に西日本を中心に観測されることが多いが、他の季節でも観測されることはある。
天気が良い割に、遠くの山や建物が黄色っぽくかすんで見える場合は、黄砂の可能性が高い。
黄砂が水に溶けるとアルカリ性となるため、酸性雨を防ぐのに役立っている。また、海上に落下した黄砂は、魚を育てることにも貢献しているとの説もある。