雪崩
山の斜面に積もった雪が、斜面に沿って崩れ落ちること。表層雪崩と全層雪崩とがある。
表層雪崩は、古い積雪の上に新しく積もった雪が崩れ落ちる雪崩。巨大な雪煙と共に、高速で長い距離を滑り落ちる。速度は時速70kmから280kmにも達し、鉄筋コンクリートの壁を破壊するほどの巨大な力を持つ。雪崩被害のほとんどは、この表層雪崩によって起き、発生場所や発生時間などの予測が難しいため、大雪の後は十分な注意が必要。
全層雪崩は、春になって気温が上昇したりした場合に、地面と積雪の間に隙間ができて、積雪層全体がすべり落ちる雪崩。大規模ではあるが、割合ゆっくりとしており、毎年、同じような場所で起きる。