初霜/初雪/初冠雪
秋から冬にかけて、最初降りる霜が初霜。最初に降る雪が初雪。夏が終わった後に、麓の気象台、測候所から見て、山頂付近が初めて白くなるのが、初冠雪。
富士山などでは、どのタイミングを「初」と考えるかだが、その年の最高気温を記録した後の、最初を「初」としている。
初雪の平均的な時期は、札幌で10月下旬、東京で12月下旬、鹿児島では1月上旬。