三寒四温
3日寒い日が続けば、その後4日暖かい日が続くという気象の状態。
日本では、冬から春先にかけて、低気圧や高気圧が交互に日本付近を通過する。低気圧が通過すると、寒気が入り冬型が強まり寒くなる。その後、高気圧に覆われ、低気圧が接近すると、南から空気が入り、暖かくなる。このような気象現象を繰り返しながら、次第に春に向かって暖かくなる。これらの気象の移り変わりを三寒四温と呼ぶことが多い。
元々は、中国や朝鮮半島などの大陸の気象現象を表すことばで、冬のシベリア高気圧の強弱の周期が原因となって起きる気象の状態。シベリア高気圧は、3日勢力が強い(寒い)とその後、4日勢力が弱い(暖かい)という7日周期の盛衰を繰り返し、このような気象の状態となる。