雪おこし
雪が降っている時やその直前に鳴る雷のこと。大雪の兆しと言われる。
富山湾では魚のブリを呼ぶということから「ぶりおこし」とも呼ぶ
太平洋側の地方の人に取って、雷というのは夏の夕方にやってくるもので、冬に雷は起きないものとのイメージがあるが、日本海側では、夏よりも冬のが雷の発生が多い。
日本海は、対馬暖流が流れ、海水温が比較的高い。冬になって日本の上空に寒気が流れ込むと、大気の状態が不安定となり日本海の上空に積乱雲が発生し、この積乱雲によって雷が発生する。