放射冷却
地面から宇宙に向かって、赤外線を放射することによって冷えること。
地面は、太陽の光によって暖められると同時に、その熱を赤外線として宇宙に放射している。
日中は、太陽の光によって暖められることのが勝るため温度が上昇するが、夜間は、太陽の光がなくなり、赤外線放射によって熱が失われる一方となり、温度が低下する。
雲が広がっている場合は、赤外線が雲に反射して地面に戻るため、冷却は弱まる。また、空気中の水蒸気は、赤外線を吸収して、宇宙への放射を妨げるため、冷却は弱まる。つまり、よく晴れた夜に、放射冷却の効果が強まる。
放射冷却の現象は年中起きているが、朝の寒さが問題となる、秋、冬、春に話題になることが多い。