気圧の谷/気圧の峰
気圧の谷は、周りに比べ気圧が低くなって区域。気圧の峰は、周りに比べ気圧が高くなっている区域。天気図の等圧線を地図の等高線のように見て、谷の地形、峰の地形になぞらえて言う表現。
天気図上に、低気圧や高気圧のような、はっきりとした形が現れていない時に使われるが、気圧の峰の表現はあまり使わない。
気圧の谷では天気が悪く、気圧の峰では天気が良い傾向がある。