西高東低/冬型の気圧配置
西側に高気圧があり、東側に低気圧が位置する冬の典型的な気圧配置。
日本付近を低気圧が通過して上空に寒気が入るとこの気圧配置となることが多い。
等圧線が縦方向になり間隔が狭くなることによって、北西の季節風が強まり、 日本海側では雪や雨、曇りの天気となる一方で、太平洋側では晴天となる。
ただし、東海地方は太平洋側ではあるが、日本海側から雪雲が流れ込みやすいので、天気が崩れてしまう。