大雪
二十四節気のひとつで12月7日頃。
雪が大いに降り積もる頃の意味。
日本では、1月から2月にかけてに、最も多く雪が降ることが多い。
この頃からは、冬も本番となり、関東以西の平地でも雪が降ることが多くなってくる。
また、冬型の気圧配置が強まる日も増え、太平洋側では晴れ、日本海側で雪や雨の天気分布となる。